ログイン お申し込み

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

今日の一冊

今日の一冊

投稿日:2018年12月10日

死を生きた人びと―訪問診療医と355人の患者― 小堀鷗一郎 著 みすず書房 2,592円  「死は敗北」とばかりにひたすら延命する医者。目前に迫る死期を認識しない家族や患者自身。病院以外での死を例外と見なし、老いを予防しようとする社会や行政――。様々な要因が複雑に絡み合い、現代日本では患者の望む最期

こちらは有料記事です。デジタル版に登録すると続きをお読みいただけます。

-今日の一冊
-,

バナーエリア

Copyright© 鍼灸柔整新聞 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.