ログイン・検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

連載

連載『先人に学ぶ柔道整復』九 嘉納治五郎(後編)

投稿日:2018年5月25日

柔整との接点と治五郎の高弟たち  治五郎のお話の締めくくりとして、彼の柔道整復との接点に触れてみたいと思います。治五郎が創始した講道館柔道は明治中期より柔術各流派を統合し、次第に興隆の徴を表していました。接骨に対しては、「講道館柔道には人の足腰を察するようなことはさせたくない」という見解を当初示して

こちらは有料記事です。デジタル版に登録すると続きをお読みいただけます。

-連載
-,

バナーエリア

Copyright© 鍼灸柔整新聞 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.