ログイン・検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

新型コロナ 速報

「部活動再開後は0.8~1.3倍の負荷から」JSAT指標

投稿日:

 6月以降、学校再開の本格化に伴い、部活動も順次活動が解除され、施術者によるトレーナー業務も再び動き出す。一般社団法人日本アスレティックトレーニング学会(JSAT)が5月中旬、中高生の部活動再開後の練習でケガをしないためのガイドラインを作成し、公表している。

 休み明けの練習はケガが起こりやすいため、自粛中のトレーニングの「0.8~1.3倍の負荷」で始めるよう勧めている。指標となる負荷を割り出す計算式も紹介しており、まず1週間程度は「計算した負荷」で練習に取り組み、徐々に増やしていくことが望ましいとしている。急がば回れだ。

JSAT『中学校・高校の部活動自粛解除後の練習でケガをしないために』

-新型コロナ, 速報

バナーエリア

Copyright© 鍼灸柔整新聞 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.