鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2019年2月10日/1090号】

原告が全柔協の補助参加申請、被告・橿原市は反対
奈良県橿原市の柔整療養費相殺裁判
 橿原市の国民健康保険申請書の「過誤調整」をめぐって、同市内の患者らが、本来支給されるべき柔整療養費の不足額の支払いなどを求める訴訟が奈良地裁で続いている。今回、全国柔整師協会(全柔協)が補助参加人として裁判に関わることを原告側が申し出たが、橿原市側は反対している。〔1面〕

医師の同意書、施術報告書交付料など、重点的に
厚労省、あはき審査会の審査要領例を示す
 受領委任の導入に伴い、設置が可能となった「あはき療養費審査委員会」で、審査を適正かつ効率的にするための「審査要領の参考例」を、厚労省が1月24日付の通知で示した。医師の同意書や施術報告書交付料の算定などを重点的に審査するよう求めている。〔1面〕

一般市民の『養生アプリ』利用を視野に

明治国際医療大学大学院の養生学寄付講座(2019.1.12)
 『養生による新しい医療体系の構築と指導者の育成』を行う構想を実現することを目的に昨年より開講されている。構想リーダーは伊藤和憲氏(同大学院研究科長)。今回の講演は一般市民向けで、『養生アプリ』の利用へ誘導することを視野も入れ、『健康で美しく長生きするための秘訣』をテーマに開かれた。〔3面〕
 

【過去のトピックス一覧】
購読申込み

見本閲覧


学割

  




広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif


tops_media.gif


tops_media.gif