鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2018年7月25日/1077号】

岡山で水没、広島で床上浸水
西日本豪雨、施術所も被害甚大
 7月上旬に西日本を襲った豪雨の影響で、岡山県倉敷市真備町では少なくとも2軒の治療院が水没被害に遭い、広島県の福山市山手町と三原市本郷町では床上浸水した治療院があるという。真備町の避難所では、認定特定非営利活動法人AMDAらにより鍼灸治療の支援が既に始まっている。〔1面〕

受講できない柔整師に救済は?
施術管理者研修、初年度から開催中止の会場も
 7月上旬の東京開催を皮切りに始まった「柔整の施術管理者研修」(来年度末までに全国で全28回)で、申込み者が定員に達していないことから中止する会場が複数出ている。同研修は「受領委任の届出から1年以内に受講し修了しなければならない」との規定があり、受講できない(受領委任を取り扱いたい)柔整師への深刻な影響が懸念される。〔1面〕

大阪や愛知の減少額は6億円超

柔整自賠責、四国除きほぼ全国的に減少
 2016年度自賠責の柔整施術費は約692億5,000万円で、前年度より約54億円減。都道府県別では、四国4県と九州3県、岩手県の8県以外は全て減少している。減少額では大阪府が7億1,511万円、愛知県が6億8,704万円と大きく落ち込んだ。都道府県別の詳細は本紙を。〔6面〕
 

【過去のトピックス一覧】
購読申込み

見本閲覧

  




広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif


tops_media.gif


tops_media.gif