鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2018年1月25日/1065号】

「実務経験」と「研修受講」追加、4月より
厚労省、柔整療養費の施術管理者要件で通知発出
 1月16日付の厚労省通知で、4月以降に受領委任を取り扱う施術管理者になる場合、実務経験と研修受講が義務付けられることになった。新卒者に対して特例措置が設けられる一方、「免許者で施術管理者になっていない柔整師」といった既卒者の扱いについては、今回示されなかった。〔1、2面〕

柔整は3,789億円で4年連続減
柔整・あはき療養費の平成27年度推計値
 厚労省が1月上旬に公表。柔整は36億円減の3,789億円(前年度比0.9減)で、4年連続の減少となった。はり・きゅうは14億円増の394億円(同3.6%増)、マッサージは30億円増の700億円(同4.4%増)となり、ともに増加した。〔1面〕

医師と鍼灸師との地域連携を模索
東方医学会、「医鍼薬地域連携研究会」旗揚げ
 一般財団法人東方医療振興財団(日本東方医学会)が昨秋より、医師と鍼灸師との地域連携の実現に向けて、医師や鍼灸師らに参加を呼びかけ、会合を重ねている。昨年12月6日の会合では、正式名称を「医鍼薬地域連携研究会」と決め、地域連携の検討課題などを話し合った。〔6面〕

【過去のトピックス一覧】

購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif