鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2018年10月25日/1083号】

「高齢者の健康保持・増進」を目的、10月から
札幌市、あはき自費施術を助成対象に
 65歳以上の市民を対象とした新制度で、療養費の支給や医療扶助が適用となる場合は助成の対象外。運動器疾患の治療にとどまらず、高齢者の健康目的を掲げた、自費の施術を対象とする助成は珍しい。助成額は施術1回当たり1,000円で、各年度につき1人5回まで。〔1面〕

養生による新しい医療体系の構築、国や大手企業の支援も
明治国際医療大学大学院、養生学寄付講座で新構想
 明治国際医療大学大学院が、今年度より開講した鍼灸学専攻養生学寄付講座を主体に、『養生による新しい医療体系の構築と指導者の育成』を行う構想を進めている。セイリン株式会社などが協賛するほか、AMEDを通じた研究資金の申請も行う。構想リーダーは同大学院研究科長で、本紙連載中の伊藤和憲氏。〔2面〕

地方自治体と保険者のヒアリング実施

第3回あはき師・柔整師等の広告検討会(2018.10.10)
 今回は、広告指導等を行う地方自治体と、療養費の審査・支払いを行う保険者から広告に関する現状報告と、意見・提案等が示された。「整体院と建物内で併設する施術所」に対して行政指導ができない実態が紹介され、「施術所を医療提供施設とする」との提案なども聞かれた。〔3面〕
 

【過去のトピックス一覧】
購読申込み

見本閲覧

  




広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif


tops_media.gif


tops_media.gif