鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2018年10月10日/1082号】

柔整療養費 過誤調整による不足額支払い求め
患者ら、奈良県橿原市を提訴
 柔整療養費に係る奈良県橿原市の国民健康保険申請書の「過誤調整」をめぐり、同市に住む患者らが原告となって、本来支給されるべき療養費の不足額の支払いなどを求める訴訟を奈良地裁で提訴した。過去に大阪市が敗訴した、別の患者について支給済みの療養費を「相殺処理」するものと同様の取り組みとみられる。〔1面〕

柔整療養費、5年連続減少
厚労省、「平成28年度国民医療費」の結果
 柔整・あはき療養費を含む国民医療費の推計。国民医療費は42兆1,381億円で、前年度より2,263億円減少し、10年ぶりにマイナスに転じた。療養費の内訳では、柔整療養費は5年連続減少。マッサージ・鍼灸は増加したものの、伸び率は低調だ。〔2面〕

あはき療養費、10月1日以降の同意書取扱い等で

厚労省がQ&Aを発出
 10月以降の同意書取扱いの変更や施術報告書の新設等に関して、「保険医の同意」「療養費の審査」「施術料」「施術報告書交付料」「支給申請書」に分け、具体的な考えを示した。2号に分けて要旨を掲載する。〔3面〕
 

【過去のトピックス一覧】

購読申込み

見本閲覧

  




広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif


tops_media.gif


tops_media.gif