鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2017年6月10日/1050号】

整体、カイロなどの危害情報1,483件
消費者庁、医業類似行為の手技施術に警鐘
 消費者庁が5月26日、「法的な資格制度がない医業類似行為」と位置付けているものの中で、整体、カイロプラクティックなどの手技による危害情報が1,483件寄せられていると発表。同庁担当者のコメントに加え、元厚生労働教官の芦野純夫氏に多発する無資格施術による事故の背景等を聞いた。〔1面〕

厚労省保険局長「協定と契約に差異ない」

衆議院厚生労働委員会で柔整療養費に関する質疑

 4月19日、民進党の大西健介衆院議員が柔整療養費について、受領委任での協定と個人契約の取り扱い上の差異を質問したところ、厚労省保険局長・鈴木康裕氏が「違いはない」と回答した。これを受け、柔整療養費検討専門委員会の委員構成の偏りを指摘するなど、大西議員が関連する発言を続けた。〔2面〕

新会長に伊藤氏、杉田氏退任
(公社)全日本鍼灸マッサージ師会『平成29年度定時総会』(2017.5.28)
 当日は、選挙により新役員20名が選出され、会長に伊藤久夫氏が就任した。長年会長を務めてきた杉田久雄氏は今回立候補せず、16年ぶりに会長が交代した。また、あはき療養費の受領委任について、平成30年度の料金改定時に合わせて導入される予定で議論が進んでいると報告された。〔2面〕

【過去のトピックス一覧】
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif