鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2017年4月10日/1046号】

全柔協・患者ら、2審も勝訴。大阪市の相殺処理が改めて否定
柔整療養費での過誤調整をめぐる訴訟(2017.3.28)
 患者らが大阪市を相手取り、柔整療養費の未払い分の支払うよう求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁は3月28日、大阪市の控訴を棄却。1審の大阪地裁判決に続き、大阪市による相殺(差引)処理の正当性が否定された。同裁判では、全国柔整師協会(全柔協)が「補助参加人」として原告側を補助している。〔1、2面〕

業界の長年の要望が現実味を

「受領委任、平成30年度より」、あはき専門委員会が意見書提言

 厚労省のあん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会が3月27日、「受領委任」を導入することを盛り込んだ意見書をまとめた。平成30年度中に他の不正対策ともに受領委任を実施する方針だ。あはき業界が長年要望してきた「一部負担金でかかれる制度の創設」が現実味を帯びてきた。〔1面〕

はり・きゅう師の合格率、大幅低下
第25回(平成28年度)柔整・あはき師国家試験合格者数等が発表
 柔整師の合格者数は4,274名で合格率63.5%、あマ指師は1354名で同84.5%、はり師は3,032名で同67.0%、きゅう師は3010名で同67.7%だった。厚労省が3月28日に発表。はり・きゅう師の合格率が前年度より大幅に低下した。本紙では、直近10年の合格者数・合格率の推移を掲載。〔3面〕

■今年度の「第25回あん摩マッサージ指圧師国家試験」の問題について、
下記のアドレスからダウンロードできます
http://news-shinkyujusei.net/25kokushi_m.pdf

【過去のトピックス一覧】
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif