鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2015年2月25日/995号】

鍼灸界が一致団結して開催を
『WFAS Tokyo/Tsukuba 2016』運営委員会発足式(2015.2.6)

 平成28年11月に日本で開催予定のWFAS(世界鍼灸学会連合会)の学術大会へ向けた運営委員会発足式が東京都内で開かれ、多くの鍼灸業界団体の代表 者らが出席。「日本の鍼灸界が一致団結して取り組んでいく」とのメッセージが発せられ、参加者に協力を呼びかけていた。〔1面〕

患者照会等の相違による「相殺処理」に疑義を
全柔協が栃木国保連に意見書提出
 全国柔整師協会(全柔協)が2月、栃木県国民健康保険団体連合会が1月9日付で通知した『柔道整 復施術療養費に関する支払代行の概要について』に関する意見書を、同国保連宛てに送付していた。患者照会の回答との相違点等も過誤調整として相殺処理を可 能とする支払処理に疑義があるとし、その論拠を含めた意見を述べている。※本紙に意見書要旨を掲載〔6面〕

名著『針灸治痛』の日本語版
静風社から『痛みの症状別針灸治療 三通法によるペインクリニック』発行
【3名に読者プレゼント!】
 中国政府から「国医大師」を授与された賀普仁氏編著で、疼痛治療を東洋医学的な観点で幅広く網羅した中国の名著『針灸治痛』の日本語版。監修は日本中医 学会顧問の賀偉氏、翻訳は谷田伸治氏。賀普仁氏の「三通法(毫針、灸・火針、刺絡)」による実践的な治療法も収載されている。〔7面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif