鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2014年7月10日/980号】

接骨院通院などに関して注意喚起
京都整形外科医会らが交通事故患者向けの院内ポスター配布
 ポスターは『交通事故で接骨院に通院の患者様へ』と題し、交通事故で医療機関を受診し、その後接骨院で施術を受けた場合、「医療機関での治療を中止することがあります」と注意を促している。柔整施術者団体からは、ポスターの記載撤回・訂正を求める声も挙がっている。〔2面〕

「第二の加害者」にならないために
「医療従事者のための交通事故勉強会」(2014.6.8)
 講師は、交通事故被害者の支援や整骨院へのコンサルティングを行う株式会社プライムケア代表取締役の杉本容氏。参加した柔整師ら38人に、自賠責に関する知識不足から患者にとって「第二の加害者」になってしまう恐れがあると指摘。損害賠償手続きの流れなど、自賠責の基本知識を解説した。〔2面〕

養護老人ホームで毎年恒例の
尼崎市保険鍼灸師会が施術ボランティア(2014.6.11)
 兵庫県尼崎市の養護老人ホーム「長安寮」で、30年にわたり続けられている施術ボランティア。今年も6人の施術者が20人ほどの入居者にマッサージを行い、多くの喜びの声が聞かれた。[6面]
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif