鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2014年2月10日/970号】

施術者の本人確認、広告違反に言及
厚労省『平成25年度全国厚生労働関係部局長会議』の資料から
 1月21日、22日に開催された厚労省の『平成25年度全国厚生労働関係部局長会議』において、医政局が提出した地方自治体担当者向け資料の中に、あはき・柔整に言及した項目がみられた。施術者の本人確認、広告違反に関して指導の徹底を図る旨の内容が盛り込まれている。〔1面〕

亜急性の定義などを議論
『柔道整復施術ガイドライン作成にあたって(全体会議)』(2014.1.19)
 患者と柔整師の会が、『急性期を経過した治療』などに関する基準が存在しないことを鑑み、業界統一のガイドライン作成を模索するため開催した。当日は団体関係者、個人柔整師ら約40名が出席、急性・亜急性や症状固定の定義についての見解や意見が述べられた。〔2面〕

統合医療先進国・キューバの医療を概説
第17回日本統合医療学会での海外招聘講演『キューバ―知られざる統合医療先進国』
 昨年12月に開かれた第17回日本統合医療学会では、キューバ共和国の保健省自然伝統医学局のヨハン・ペルドモ・デルガド(Yohann Perdomo Delgado)局長が講演を行った。同国の公共医療保険制度のほか、いわゆる補完代替医療として定義されているTNM(自然伝統医学)について紹介された。〔6面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif