鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2014年11月25日/989号】

盲学校で初の「柔整科」
大阪府立視覚支援学校が「柔道整復科」新設
 11月11日付で文部科学省から柔道整復師養成施設の指定を受け、平成27年4月に高等部専攻科に「柔道整復科」を新設する。盲学校に柔道整復師養成課 程が開設されるのは初めてで、公立校としても日本初。定員は10名。問い合わせは、大阪府立視覚支援学校(電話06-6693-3471)へ。〔1面〕

「学ぶこと」テーマに講演多数
日整・大阪府柔道整復師会の第8回大阪学術大会(2014.11.8-9)
 自民党の中山泰秀衆院議員(外務副大臣)による『統合医療の必要性について―柔道整復師の役割』を含む特別講演3題のほか、知識アップセミナー『もう一度"捻挫"を考える』、『"医接連携"について』の2題、一般発表10題などが行われた。〔2面〕

療養費の不正事例に言及
民主党統合医療を普及・促進する議員の会の「柔道整復師小委員会」(2014.11.7)
 当日は、同会事務局長の大島九州男参院議員、安井美沙子参院議員のほか、柔整業界から16団体、厚生労働省から4名が出席。10月に立て続けにマッサー ジ療養費の不正請求問題が報じられたことに絡み「療養費の不正」のほか、「柔整師の質の向上」などが議題に挙がった。〔7面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif