鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2013年3月25日/949号】

予定通り? に開催
厚生労働省社会保障審議会医療保険部会「柔道整復療養費検討専門委員会」・
「あん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会」の第2回会議

 3月26日、柔道整復・あはき療養費検討専門委員会の第2回会議が開かれる。柔整は15時から、あはきが16時半から。昨年10月の第1回会議後に政権が自由民主党に移り、提示される予定であった平成24年度療養費改定について、どのような方針が示されるのかなど、注目が集まる。〔1面〕

府主導による保険者と業界の対話の場設置を
全柔協が大阪府松井一郎知事に要望書提出(2013.3.4)
 全柔協の岸野雅方理事長らが、大阪府・松井知事と面談の上、『大阪府における柔道整復業界を取り巻く現況に係る要望について』を提出。大阪府の主導による保険者と柔整団体との対話の場の設置などを求め、これに対し松井知事は理解の姿勢をみせた。〔2面〕

「親子の相互交流」について解説
女性鍼灸師フォーラムの第33回学習会(2013.3.10)
 『母子を治療する際に鍼灸師が知っておかなければならないこと―小児科医の立場から』をテーマに開催され、堀内勁氏(聖マリアンナ医科大学小児科学教室名誉教授)が、発達の基礎としての親子の相互交流における必要な知識や重要性を講演した。〔3面〕

■今年の「第21回柔道整復師国家試験」の問題について
 下記のアドレスからダウンロードできます
 http://news-shinkyujusei.net/21kokushi_j.pdf
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif