鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2012年4月25日/927号】

『21世紀の経絡治療―経絡治療を世界基準に』をテーマに
経絡治療学会の第27回学術大会(2012.3.24-25)
 篠原孝市氏による教育講演『古典から見た経絡治療』では、経絡治療の中へ古典文献をどう臨床化していくかの課題や方向性が示された。このほか、今後の経絡治療を展望したシンポジウムや、鍼灸の国際標準化を取り上げた特別講演などが行われた。〔1面〕

東京と長野で開催
日本スポーツ整復療法学会(JSSPOT)2支部が学術研修会
 関東支部が3月25日に東京で、北信越支部が3月24日と25日に長野でそれぞれ学術大会を開いた。関東支部は3点支持や歩行時の重心などの足部を、北信越支部はロコモティブシンドロームをテーマとした講演などを行った。〔2面〕

原発事故後、避難先で治療院を開業
かとう鍼灸治療院の加藤大助先生(『ちょっと、おじゃまします』より)
 東日本大震災による原発事故で福島県南相馬市から家族5人で県外避難した加藤大助先生。震災から1年となる今年3月、避難先の大阪で治療院をオープンさせました。被災から開業にいたるまでのこの1年間を紹介する。〔5面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif