鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2012年4月10日/926号】

『地域医療を考える』をテーマに
日本東洋医学系物理療法学会の第37回学術大会(2012.3.17-18)
 鶴岡浩樹氏による特別講演『地域医療の現状と課題、そして展望』では、鍼灸マッサージ師に対する需要が在宅患者を中心とした地域で高まっていると語られた。このほか、介護予防への三療の関わり方が検討された基調講演やシンポジウムなども行われた。〔1面〕

「柔整療養費改定率は引き下げる方向で」
民主党統合医療を普及・促進する議員の会の第15回柔道整復師小委員会(2012.3.22)
 参議院議員会館で開催され、柔整業界から23団体が出席した。当初予定されていた「保険者とのヒアリング、意見交換」は行われず、全国健康保険協会・健康保険組合連合会連名の「柔整療養費改定率は引き下げる方向で検討していただきたい」という主旨の資料『平成24年度療養費改定に当たっての意見(要請)』が配布された。〔2面〕

パラリンピック銀メダリストの鍼灸マッサージ師
さいとう治療院の齊藤晃司先生(『ちょっと、おじゃまします』より)
 シドニーパラリンピック400メートルリレーの銀メダルをはじめ、7度の世界大会で5個のメダルを獲得した元陸上短距離選手の齊藤晃司先生。事故で視力を失うも、そこから幾多の困難を乗り越え、トップアスリート、そして施術者へと歩んできた道のりを紹介する。〔9面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif