鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

【2012年2月10日/922号】

時代が求める柔整師像を検討
日本統合医療学会第15回大会の柔整関連シンポジウム(2012.1.14-15)
 大会2日目に柔道整復関連のシンポジウムが催され、大学教員、アスレチックトレーナー、整形外科勤務の柔整師、開業柔整師と立場の異なる4名のシンポジストが統合医療における柔整師の役割についての発表、討論を行った。〔1面〕

どうなる日本の鍼灸? 直接灸は認められなくなる?
シンポジウム『日本の伝統医学に関わる生物遺伝資源と伝統的知識の行方』(2012.1.21)
 平成23年度厚生労働科学研究費補助金による「ISO/TC249に資するための伝統医学関連の用語・疾病分類・デバイス・安全性確保などの基盤整備研究」の一環として開催。日本の伝統医学関係者らによる発表、議論が行われ、ISOやWHOなどが進める伝統医学の国際標準化に対して日本が危機的状況にあるなどと意見が出された。〔2面〕

落語3題、『検校杉山和一』の琵琶演奏など
杉山検校遺徳顕彰会のチャリティー『和一寄席』(2012.1.21)
 落語アマチュアサークル「楽笑会」の3名による落語、都穂鳳さん(錦琵琶都派錦穂会代表)の琵琶曲『検校杉山和一』の演奏などが行われた。当日の収益は、杉山和一記念館建設資金に充てられる。〔6面〕
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif