鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

編集後記

 ▽母が還暦を迎えました。還暦祝いは車関係にすることに。免許は家族全員持っているものの、普段運転するのは母だけ。本人も車が趣味とは言いますが、たまにはドライブに連れていってあげるとか・・・と考えるも、問題はぴかぴかのゴールド免許。取ってから10年近くハンドルを握っておらず、正直アクセルとブレーキも分かりません。次の誕生日も祝ってあげたいので、断念。結局、前から付けたいと聞いていたドライブレコーダー、事故などの映像を残す車載カメラを買ってあげることにしました。何があるか分かりませんし、母の身のためにもなり一石二鳥。どこで買えるのかと調べてみると、車屋さんまで行けばその場で取り付けてくれるそう。ということで、さっそく母に車を出してもらうことに・・・。(平)-1046号

 ▽「『K君』って呼べばいいのかな?」「はい!」。K君は行きつけのバーの常連さん。いわゆる性的マイノリティーの人で「心は男、体は女」とのことです。ある日。思いを寄せていた女の子に告白したと言うK君。「『男性として見れない』って、彼女・・・」。かける言葉が見つからず、「今日は好きなだけ飲みな。俺のオゴリだ」と言うと、鼻をすすりながら「アニキ、って呼んでもイイっスか?」とK君。横合いから、「男気とか男は黙って・・・とか、そういうの女子にはウケないわよォ。だからいつまで経っても独身なのよォ、このオジサン。オホホホホ!」とバーのママ。散々でしたが、「アニキ」はまんざらでもないかな・・・。ちなみにK君、お酒強いのなんの。飲み代はツケにしてもらいました・・・。(前)-1045号

トップへ戻る
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif