鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

編集後記

 ▽7月から施術所の敷地内が全面禁煙になりました。「え、いきなり」と思われるかもしれませんが、昨夏に健康増進法の一部が改正され、段階実施で今回、病院や学校、行政機関等とともに施術所も禁煙対象の施設に含まれていました。喫煙器具の設置禁止等の義務が課され、違反すれば罰金(まず指導が入るようですが)もあるとかで、ご注意ください。先月、大阪地裁に取材で行った際には喫煙室を撤去する旨の張り紙も目にしました。となれば、取材でよく足を運ぶ専門学校なども当然撤去されますね。「飲みにケーション」ならぬ「吸いにケーション」で雑談交じりのお話を業界の先生方とさせてもらっていましたので寂しい気もしますが、案外、近くの喫煙場所を教え合ったりと親交がより深まったりして。(和) -1100号

 ▽「痴漢は安全ピンで刺せ」。先月、過激な発言がSNSで話題を呼びました。痴漢に同情はしませんが、当然「傷害罪」「間違って別の人を刺したら危険」との指摘も。すると「痴漢を擁護する気か」と感情的な反論が起き、連日話題ランキング入りの大論争です。そんな中、ある鍼灸師の先生から「感染症の恐れがあり危険です」と職業意識に基づく当然の発信が。ところが、反発した人が「この人の鍼灸院では性犯罪が行われている」とデマまで流し始めたからさぁ大変、鍼灸師が警察に相談する騒ぎに・・・。現代ならではの顛末ですが、実際、鍼灸師が消毒に細心の注意を払う中、恐ろしい話。通勤ラッシュの度に、両手で吊革を握ってびくびくしています。そのおかげか、幸い今朝も刺されずにすみました。(平) -1099号

トップへ戻る
購読申込み

見本閲覧


学割

  




広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif


tops_media.gif


tops_media.gif