鍼灸師さん、マッサージ師さん、柔道整復師さんのための新聞

発行所 (株)日本医療福祉新聞社
TEL   06-6315-1922
 Mail  shinkyu@jusei.gr.jp

トップへ
鍼灸柔整新聞とは
連載紹介
鍼灸柔整新聞デジタル版
求人・物件
書籍販売
編集後記

編集後記

 ▽12日初日の大相撲春場所で話題の主は、ロシア出身で三段目の大露羅。場所前の計量で283.8キロを計測。かつて焼き肉屋で50人前を注文して、さらにラーメン鉢でご飯を4杯とラーメン6杯を食べた巨漢力士です。元大関小錦の歴代最重量にあと1.2キロ。メシ食って測り直したらと思うのは私だけ? さて、毎年親孝行で春場所のチケットを贈っていたけど、今回は両親揃って骨折で「休場」となりました。父は今年になって3回目。あまりにポキポキ折れるので、かかりつけの整骨院が病院を紹介し、86歳にして骨粗鬆症治療が始まりました。「くしゃみしても折れまっせ」。友達から脅されてるらしいけど、栄養を摂って骨密度を上げる努力をしているようです。でも決して大露羅の真似はしないでね。(松)-1044号

 ▽妻から休肝日の導入を言い渡されました。昨年末の健康診断での尿酸値の高さが原因です。しかも昨春に原因不明の足先のしびれがあった際、痛風の疑いを掛けられていたのがこれを後押し。妻いわく、尿酸には「プリン体」とやらが悪いようで、プリン体カットのビールの日も設定されてしまいました。さらに追い打ちを掛けるように右目が白内障に。こちらは「水晶体」が悪いようです。医者から手術以外に「白く濁った視界」の改善の道は無いと言われ、術後1週間はアルコールを控えるようにと指示されました。この休肝ウィークはノンアルコールビールで対応。ただ冷蔵庫に並ぶ色とりどりの缶を見た妻から「アルコールだけ減って酒代は減っていない」と。これは親父の血筋なので、「染色体」が悪い?(和)-1043号


トップへ戻る
購読申込み
 
見本閲覧
 
webアンケート集計結果
  






広告媒体資料

バナー広告欄

tops_media.gif

tops_media.gif